こんにちは。neu-es交流会ブログを読んで下さって本当にありがとう御座います。主催メンバーの賀川です。10月も下旬に入り、すっかり秋日和、と言いたい所なのですが未だに気温は20度を超えている日が続き、秋らしさはどこへやら。さらに野菜の高騰もやっと終息が見えて来始めたそうですが、今も高い事に変わりはありません。

さて、前置きが長くなりましたが10/20(水)に開催しました第38回朝食勉強会のレポートです。今回の内容は「ニュースポーツ」。リード役は今回参加下さった野村さん(twitter ID @takayonomura)が担当下さいました。当日の参加者は4名。貴重なお時間を使って参加下さった皆さん、同じく貴重な時間を使ってリードの場を引受けて下さった野村さんには心から感謝してます。

今回はニュースポーツの一つである「スカイクロス」を取上げて下さいました。以下より当日の内容です。(当日の資料にありました図解や写真などは掲載していません)

■スカイクロスとは?

歴史 : 1997年に京都大学名誉教授である万井正人先生によって考案されました。

近畿圏をはじめ、静岡県や栃木県にも協会の支部が設立され、現在普及が進んでいます。

種目 : 代表的なソフトゴルフの他に、おっかけ、キャッチング、わなげ〜む、親子リレーなど

さまざまな遊び方ができます。

■ソフトゴルフ

概要 : ワナゲとゴルフをミックスしたようなゲームで、定められたコースをまわり、投げた回数を競います。([投げた回数が]少ない方の勝ち)

用具 : ○リング 1人一枚 布製 直径約30cm 重さ約50g

○ゴールコーン 1コースに一つ 塩ビ製 高さ約30cm  重さ約170g

人数 : 1組10〜15名 リーダー1名 記録員1〜2名

リーダー、記録員とも競技に参加出来る。

※ただし、自分の記録をつけることはできません。リーダー、記録員でお互いのスコアをつける様にします。

場所 : 運動場、公園、体育館など

コース : 6コースまたは8コース

距離 : ショートコース15m〜20m ミドルホール20m〜40m ロングホール40m〜60m

■ノルナーの規則(スコア修正)

スカイクロス特有のルールで、コースの途中で何人かのリングが重なりあった場合に、スコアに修正があります。

上になった人のスコアにペナルティーとして1点を(1投)を加え、下になった人からラッキー点として1点を減らします。

■一番乗り賞

積極的なプレーを推奨する目的で、各コースで最初にあがった人に特別賞として、スコアから1点減らします。スコアカードにはマイナスのところへ2重丸を付けます。

最終的なスコアが同点の場合は、一番乗りが多い人が勝ちとなります。

■投げ方

1.利き手と逆の足を少し引き、目標に対してななめまたは半身に構える。

2.指先でリングをかるく掴み、地面と平行(水平)に投げ出す。

■まっすぐ投げるためのポイント

  • 腰、肩、ひじの回転や手首のスナップを利用しましょう。
  • リングだけでなく、腕の振りも地面と平行になるよう心がけましょう。
  • 投げ出したリングが左右どちらかに傾かないようにしましょう。

以上、頂いた資料からの抜粋です。上記の通り、当日は資料を元にスカイクロスの背景と、その具体的なルールの説明がありました。

そして、同時に主催メンバーの天雲さんが用意して下さった、実際にスカイクロスをプレイしている様子のビデオを交えたり、野村さんが持参して下さった、スカイクロスのプレイに利用するリングの実物を見せて貰った事で、非常に具体的に観えやすい内容となりました。

野村さんからの他の説明でもニュースポーツという言葉はニューコンセプトスポーツが元にあり、ニューは”ν”で表すのだと言うことを説明していました。

さらに性格、年齢、障がい、に関係無く参加出来ること、そして、リハビリにも、医療にもなる(外部リンク)こと、を説明していました。

偶然にも今回の朝食勉強会から数日後の10/24(日)にスカイクロスの大会があり、発祥の地である京都は宝ケ池で「発祥の地・京都でスカイクロスを楽しむ『スカイクロスジャパンオープン2010』(外部リンク)」が開催されるそうです。

近隣の方で興味がある方は覗いてみては如何でしょうか?(因に大会自体への参加受け付けは既に終了しています)他に京都では毎週土曜日の宝ケ池などはじめ、三カ所でスカイクロスの集いが開催されている(外部リンク)ようです。

当日はスカイクロス以外にも存在する、様々なその他のニュースポーツを紹介して下さった事で様々な会話が沸き起こり、大変盛り上がったまま、開催を無事終えることが出来ました。

会話の一つでは「特に障がいを持った方がスポーツに参加する機会を得やすいことを意図したスカイクロスは、高齢者の方々にとっては社会参加する場として活用されているところが良い」という会話がありました。

この日の会話はあまりにも多岐に渡っており、書ききれない為、今回はその他の内容を省略します。

次回10/27(水)は「エクストリーム・アイロン掛け」です。開催場所はUCCカフェプラザ京都東本願寺前店(クリック)にて、時間は7:30開始9:00終了の予定です。お気軽にご参加下さい。参加申し込みはこちら(クリック)からどうぞ。

◎第38回朝食勉強会「ニュースポーツ」参考文献及び参考サイト

日本スカイクロス協会(外部リンク)