neu-es(ノイエス)交流会 主催意図

neu-es交流会は「老若男女問わず交流会へ参加される方々の成長の場」を創作することを意図し2010年1月から活動を開始しました。

当交流会に参加して頂くことで更なる人間関係、知識、体験の広がりを通して「新しい発見」「新しい気付き」を得て頂くことを希望しています。

neu-es交流会活動内容

neu-es交流会は現在、朝食会を柱とし以下の活動を行っています。

  • 朝食勉強会(月ごとに開催回数が異なります)
  • イベント(不定期)
  • ブランチ会(現在開催停止中)
  • 振返りの部 仕事やプライベートなどのディブリーフィングの開催(毎月末)振返りの部は完了となりました

朝食勉強会開催意図

neu-es交流会の基本活動となる朝食勉強会(開始当時は朝の部)を2010年1月 6日(水)からイノダ本店にてスタートしました。

なぜ「朝食」か?

朝食会を開催する理由の一つ目としてあるのが「非日常性」です。朝からわざわざ集まりお互いの会話などから学び合うという行動は、多くの方々にとってはあまり日常的では無いと思われます。

そして、敢えて朝早く起き、学ぶ合うために集うとなると意図的な意思を要します。そういう意味では基本的には参加される方々に対して「どなたでもどうぞ」というスタンスですが実際には「どなたでも」参加して下さる空間では無いのかもしれません。

二つ目の理由は「時間性」です。現在「食事プラス勉強/研究会」というスタイルはポピュラーだと言われています。医学系の学会ですと昼食にセミナーが開かれているそうですし、ビジネス系の方でも昼食の時間を使って誰かの話を聞いたりするといった事はよくあることです。

しかし、その一方で昼だとどうしても参加できる人は限られてしまいますし、会社だと社内の人だけに限られる事になるかも知れません。さらにこれが夜になりますと、時間は多くあるかもしれませんが朝よりも時間が確保出来る為にダラダラと過ごしてしてしまう事もあります。

そういった点では朝は時間が限られますから、食事を摂りながら自らが得たいものを得て行く事になり、その結果として意図的に時間を過ごす事になります。ですので、多くの場で時間を物差しとして扱っている現代においてはすっかり体験する事が少なくなった「時間の深さ」を体験することにも繋がるかもしれません。

以上長くなりましたが、この様に意図的な参加者の成長の集いの場を創り「意図的に時間を活きる」というのがこの朝食会の開催意図になります。

neu-es交流会を楽しむためのポイント

●まずは人の話に耳を傾けてみよう

●人を力付け、支える立ち位置から会話してみよう

●お世話やお節介は行なわないでみよう

●ゴシップを行なわない様に行動する

合わせて当交流会で話された、参加者の個人的な話や個人情報も、当交流会以外の場所へは持出さない意図でご参加下さい。参加者の安全安心な場を実現する意図でお願いします。

約束事

  • Twitter等による参加者の発言を断り無く中継する事は行なわないで下さい。
  • Ustream等による会場の中継は行なわないで下さい。
  • 録音、録画は行なわないで下さい。

約束事に記載する内容は参加者が安全安心に成長する場を実現する事を意図して当交流会が主催する全ての会場(一部のイベントなど省く)において原則行なわないで下さい。尚、当交流会自ら必要に応じて行なう場合があります。

neu-esu交流会主催者

以下五十音順及び敬略

賀川和之 Twitter ID @plus_dot_k

天雲ヒカリ Twitter ID @tenkumo

三ツ木隆将 Twitter ID @3S

横田徹 Twitter ID @albertus