neu-es交流会11月の開催予定

こんにちは。夏日がいつまでも続いているな、と思っていたら一気に寒くなりましたね。いつもneu-es交流会ブログを見て下さってありがとう御座います。早速11月の開催予定を案内します。

これまでは水曜日に祝日が重なると、開催をお休みとしていましたが、今月は初めて11/3の祝日に朝食勉強会を開催することにしました。尚、未定に関しては、いつもの如く後日追って掲載します。

追記10.11.06
今月は久々にイベントを開催します。朝食勉強会案内の下にある記載をご確認下さい。

□朝食勉強会

11月のテーマ「読書」

第43回朝食勉強会は祝日開催とするため、11/23、火曜日に変更しました。

■開催時間及び開催場所など

  • 集合開催場所 : 「 UCCカフェプラザ京都東本願寺前店(外部リンク)」
  • 開催時間 : 7:30開始 9:00終了
  • 参加費 : 無料(但し食事代、交通費などは参加者の自己負担で願います)
  • 参加後の感想のシェアについて : 朝食勉強会に参加頂き感想を伝えて頂ける方はneu-es交流会メールフォーム(クリック)もしくはtwitterにてハッシュタグ #neu_es (注 : ハッシュタグの前後に必ずスペースを入れて下さい。ハッシュタグが認識されません)を付けて投稿下さい。主催メンバーも非常に参考になりますし甲斐があり ます。尚、感想は朝食勉強会レポートにて取上げます(許可を頂ける場合のみ)。

■リード担当随時募集

neu-es交流会では毎回の朝食勉強会でのリード担当を募集しています。自発的な行動には深い学びや発見が必ず伴います。リードを担当して頂く事で様々な事柄が観えますので、これらを求められている方には非常にお薦めです。

内容はその月のテーマに沿う事になります。具体的な内容はお任せしますので資料を用意される場合はA4一枚に収まる範囲でまとめて下さい。興味がある方はneu-es交流会メールフォーム(クリック)からご連絡をお願いします。ご連絡お待ちしております。

□朝食勉強会参加方法

人数把握のため出来る限りお申込お願いします。

■メールフォームで申込む

必要事項をご記入の上、お申込み下さい。主催者からの返信を持って受付完了とさせて頂きます。
neu-es交流会メールフォーム(クリック)

■Twitter上でハッシュタグ #neu_es を付けてつぶやく

ハッシュタグ付きのつぶやき(注 : ハッシュタグの前後に必ずスペースを入れて下さい。ハッシュタグが認識されません)を確認後、neu-es交流会もしくは主催者からのリプライを持って受付完了とさせて頂きます。

[つぶやき例] 第43回朝食勉強会に参加します。#neu_es

□イベント

「サイクルモード2010に行こう!」


(写真は主催メンバー賀川が昨年のサイクルモードで撮ったもの)

久々に番外編として、ちょっとしたイベントを開催します。内容は「サイクルモード2010に行こう!」。ただ単に、サイクルモード2010のインテックス大阪会場に一緒に行きましょう、というイベントです。乗ってるのはママチャリだけど自転車に興味がある方、自転車が大好きな方、自転車を愛してやまない方、自転車好きの方と知り合いたい方、参加をご検討下さい。

当日は恐らく入場券を買うだけで、小一時間並ぶことになると思われます。参加される方は出来るだけ前売り券を購入しておいて下さい。前売り券が購入出来なかった方は、残念ですが並んで当日券を購入下さい。会場で自転車を試乗される方、「試乗に関する誓約書」は会場にも用意されていますが、スムーズに入場されたい方は記入済みのものを持参しておいて下さい。

イベント案内サイト サイクルモード2010(外部リンク)

■日時 11/13(土)

■集合場所 インテックス大阪 入場口周辺(主催メンバーがneu-es交流会の目印を持って立っています)

■集合時間 10時

■解散時間 14時

■定員 10人

■当日用意しておくもの

  • 前売り券(価格も当日券より200円安いです。前売り券の販売は11/11(木)8:59までです。リンク先で購入の上、当日必ず持参して下さい)

■会場で自転車を試乗されたい方

  • 試乗に関する誓約書(リンク先のPDFをダウンロード後、自筆で記入の上、必ず持参して下さい)
  • ヘルメット(所有している方は持って来て下さい。会場にもありますが数に限りがあります)
  • 動きやすい服装
  • タオルなど

□イベント参加方法

■メールフォームで申込む

今回はメールフォームからの申込に限らせて貰います。11/12(金)20時までに必要事項をご記入の上、下記リンクからお申込み下さい。主催者からの返信を持って受付完了とさせて頂きます。定員に達した時点で締め切ります。
neu-es交流会メールフォーム(クリック出来ます)

貴重なお時間を使って最後まで読んで下さった事に心から感謝します。皆さんのご参加心よりお待ちしてます。

neu-es交流会主催一同

第38回朝食勉強会レポート 「ニュースポーツ」

こんにちは。neu-es交流会ブログを読んで下さって本当にありがとう御座います。主催メンバーの賀川です。10月も下旬に入り、すっかり秋日和、と言いたい所なのですが未だに気温は20度を超えている日が続き、秋らしさはどこへやら。さらに野菜の高騰もやっと終息が見えて来始めたそうですが、今も高い事に変わりはありません。

さて、前置きが長くなりましたが10/20(水)に開催しました第38回朝食勉強会のレポートです。今回の内容は「ニュースポーツ」。リード役は今回参加下さった野村さん(twitter ID @takayonomura)が担当下さいました。当日の参加者は4名。貴重なお時間を使って参加下さった皆さん、同じく貴重な時間を使ってリードの場を引受けて下さった野村さんには心から感謝してます。

今回はニュースポーツの一つである「スカイクロス」を取上げて下さいました。以下より当日の内容です。(当日の資料にありました図解や写真などは掲載していません)

■スカイクロスとは?

歴史 : 1997年に京都大学名誉教授である万井正人先生によって考案されました。

近畿圏をはじめ、静岡県や栃木県にも協会の支部が設立され、現在普及が進んでいます。

種目 : 代表的なソフトゴルフの他に、おっかけ、キャッチング、わなげ〜む、親子リレーなど

さまざまな遊び方ができます。

■ソフトゴルフ

概要 : ワナゲとゴルフをミックスしたようなゲームで、定められたコースをまわり、投げた回数を競います。([投げた回数が]少ない方の勝ち)

用具 : ○リング 1人一枚 布製 直径約30cm 重さ約50g

○ゴールコーン 1コースに一つ 塩ビ製 高さ約30cm  重さ約170g

人数 : 1組10〜15名 リーダー1名 記録員1〜2名

リーダー、記録員とも競技に参加出来る。

※ただし、自分の記録をつけることはできません。リーダー、記録員でお互いのスコアをつける様にします。

場所 : 運動場、公園、体育館など

コース : 6コースまたは8コース

距離 : ショートコース15m〜20m ミドルホール20m〜40m ロングホール40m〜60m

■ノルナーの規則(スコア修正)

スカイクロス特有のルールで、コースの途中で何人かのリングが重なりあった場合に、スコアに修正があります。

上になった人のスコアにペナルティーとして1点を(1投)を加え、下になった人からラッキー点として1点を減らします。

■一番乗り賞

積極的なプレーを推奨する目的で、各コースで最初にあがった人に特別賞として、スコアから1点減らします。スコアカードにはマイナスのところへ2重丸を付けます。

最終的なスコアが同点の場合は、一番乗りが多い人が勝ちとなります。

■投げ方

1.利き手と逆の足を少し引き、目標に対してななめまたは半身に構える。

2.指先でリングをかるく掴み、地面と平行(水平)に投げ出す。

■まっすぐ投げるためのポイント

  • 腰、肩、ひじの回転や手首のスナップを利用しましょう。
  • リングだけでなく、腕の振りも地面と平行になるよう心がけましょう。
  • 投げ出したリングが左右どちらかに傾かないようにしましょう。

以上、頂いた資料からの抜粋です。上記の通り、当日は資料を元にスカイクロスの背景と、その具体的なルールの説明がありました。

そして、同時に主催メンバーの天雲さんが用意して下さった、実際にスカイクロスをプレイしている様子のビデオを交えたり、野村さんが持参して下さった、スカイクロスのプレイに利用するリングの実物を見せて貰った事で、非常に具体的に観えやすい内容となりました。

野村さんからの他の説明でもニュースポーツという言葉はニューコンセプトスポーツが元にあり、ニューは”ν”で表すのだと言うことを説明していました。

さらに性格、年齢、障がい、に関係無く参加出来ること、そして、リハビリにも、医療にもなる(外部リンク)こと、を説明していました。

偶然にも今回の朝食勉強会から数日後の10/24(日)にスカイクロスの大会があり、発祥の地である京都は宝ケ池で「発祥の地・京都でスカイクロスを楽しむ『スカイクロスジャパンオープン2010』(外部リンク)」が開催されるそうです。

近隣の方で興味がある方は覗いてみては如何でしょうか?(因に大会自体への参加受け付けは既に終了しています)他に京都では毎週土曜日の宝ケ池などはじめ、三カ所でスカイクロスの集いが開催されている(外部リンク)ようです。

当日はスカイクロス以外にも存在する、様々なその他のニュースポーツを紹介して下さった事で様々な会話が沸き起こり、大変盛り上がったまま、開催を無事終えることが出来ました。

会話の一つでは「特に障がいを持った方がスポーツに参加する機会を得やすいことを意図したスカイクロスは、高齢者の方々にとっては社会参加する場として活用されているところが良い」という会話がありました。

この日の会話はあまりにも多岐に渡っており、書ききれない為、今回はその他の内容を省略します。

次回10/27(水)は「エクストリーム・アイロン掛け」です。開催場所はUCCカフェプラザ京都東本願寺前店(クリック)にて、時間は7:30開始9:00終了の予定です。お気軽にご参加下さい。参加申し込みはこちら(クリック)からどうぞ。

◎第38回朝食勉強会「ニュースポーツ」参考文献及び参考サイト

日本スカイクロス協会(外部リンク)

neu-es交流会10月の開催予定

こんにちは。いつもneu-es交流会ブログを見て下さってありがとう御座います。遅くなりましたが、neu-es交流会の10月の開催予定を案内します。尚、未定に関しては後日追って掲載します。

□朝食勉強会

10月のテーマ「マイナースポーツ」

■10/6(水)第36回 「クリケット」

■10/13(水)第37回「セパタクロー」

■10/20(水)第38回「ニュースポーツ

■10/27(水)第39回「エクストリーム・アイロン掛け」

■開催時間及び開催場所など

  • 集合開催場所「 UCCカフェプラザ京都東本願寺前店(クリック)」
  • 開催時間 7:30開始 9:00終了
  • 参加費 無料(但し食事代、交通費などは参加者の自己負担で願います)
  • 参加後の感想のシェアについて 朝食勉強会に参加頂き感想を伝えて頂ける方はneu-es交流会メールフォーム(ク リック)もしくはtwitterにてハッシュタグ #neu_es (注 : ハッシュタグの前後に必ずスペースを入れて下さい。ハッシュタグが認識されません)を付けて投稿下さい。主催メンバーも非常に参考になりますし甲斐があり ます。尚、感想は朝食勉強会レポートにて取上げます(許可を頂ける場合のみ)。

neu-es交流会では毎回の朝食勉強会でのリード担当を募集しています。自発的な行動には深い学びや発見が必ず伴います。リードを担当して頂く事で様々な事柄が観えますので、これらを求められている方には非常にお薦めです。

内容はその月のテーマに沿う事になります。具体的な内容はお任せしますのでA4一枚に収まる範囲でまとめて下さい。興味がある方はneu-es交流会メールフォーム(クリック)からご連絡をお願いします。ご連絡お待ちしております。

貴重なお時間を使って最後まで読んで下さった事に心から感謝します。皆さんのご参加心よりお待ちしてます。

neu-es交流会主催一同

第34回朝食勉強会レポート 「ピザは世界の人気者」

こんにちは。neu-es交流会主催メンバー賀川です。ここ最近すっかり夜が肌寒く感じられる様になって来ましたね。そろそろ冬布団を使い出している方もおられるかもしれません。

大変遅くなりましたが9/22開催分のレポートです。内容は「ピザは世界の人気者」。リード担当は主催メンバーの横田さんでした。参加者は4名、当日は貴重な時間を使っての参加、そして、横田さんはリード用資料作成などありがとう御座いました。皆さんで朝食勉強会の場を創って下さった事に心から感謝します。

では、下記より本題です。

1.そもそも「ピザ」とは?その定義と歴史

  • 小麦粉、イースト、塩、オリーブオイルで作られた円盤状の生地の上に、色々なトッピングを乗せて焼いたもの
  • Pizzaの語源は、諸説あるものの、よくわからない
  • 丸パンを円盤状に焼いたものは世界中に存在
  • 現在のピザに近いものになったのは18世紀以降
  • 最初のピザ屋さん開店(ナポリ): 1830年
  • ピザ・マルガリータ(Pizza Margherita)の誕生 : 1889年

ピザに興味を持ったイタリア王のウンベルト1世とマルガリータ王妃は、ピザ職人の中で最も有名だったラフェエル・エスポシートを城に呼び、ピザを献上させ、エスポシートは、緑色のバジル、白色のモッツァレラチーズ、赤色のトマトでイタリア国旗を表現したピザを献上した。このピザを王妃がとても気に入り、そのピザは王妃の名前にちなんで「ピザ・マルガリータ」と名づけられた。このことがあってから、ピザはナポリ以外の地域でも知られる料理となった。11/20のピザの日は王妃の誕生日。

  • アメリカでのピザの本格普及(第二次大戦後)
  • 日本でピザの店開店 : 1955年(Nicola’s Pizza House[外部リンク])
  • 現在ではピザの売り上げは2000億円以上(2008年。なおアメリカは3兆5000億円!)
  • なお、日本語の「ピザ」は英語、「ピッツァ」はイタリア語

2.イタリアのピザとアメリカのピザ

  • イタリアのピザ : 生地は薄く、直径は約40センチ程あるのが一般的で、これが一人前
  • アメリカのピザ : シカゴ、ニューヨーク、ウエストコーストの3種類があるとされ、イタリアのものと比較されるのはシカゴタイプ(厚い生地のもの)

3.iPhoneアプリの登場

Domino’s App(無料 : ただし、配達可能地域に限定あり)

4.日本における主な(宅配)ピザ

日本では、特に宅配は少々割高感あり。参考 : アメリカのピザハットの特別ピザ(期間限定 : 60センチで12ドル)

以上が当日横田さんが伝えて下さった内容です。この伝えて頂いた内容から当日交わされた会話は「ピザが嫌いと思う人はそれほど居ないと思う」「宅配ピザの価格が今の半額ぐらいになってくれればもっと気軽に注文出来る」「アメリカではハンバーガーよりもピザの方がポピュラー」「寿司では世界的なチェーン店が無い」「(在校していた頃)高校にも配達してくれた」「日本でも釜でリーズナブルにピザを焼いてくれるお店がある」以上一部の紹介になりますが当日は他にも多くの会話が交わされました。

今回はレポートが大幅に遅れましたので次回の案内は10月分になります。10月のテーマは「マイナースポーツ」。10/6(水)は「クリケット」です。開催場所はUCCカフェプラザ京都東本願寺前店(クリック)にて、時間は7:30開始9:00終了の予定です。お気軽にご参加下さい。参加申し込みはこちら(クリック)からどうぞ。

◎第34回朝食勉強会「ピザは世界の人気者」参考文献及び参考サイト

後日改めて掲載します。今暫くお待ち下さい。